噛み合わせは問題ないといわれましたが、顎が真っ直ぐ開きません

Q. 歯医者さんで診てもらったところ、噛み合わせには問題ないようなのですが、顎が真っ直ぐ開きません。どうしてでしょうか?

A. 左右どちらかの関節の動きが止まってしまっているため(関節円板の位置異常)、真っ直ぐ開くことができなくなります。顎関節症の診断をするときの術者のポイントにもなります。

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?当院では、患者様の立場に立って、安全かつ確実に、患者様のお役に立つ治療をご提供します。何でもお気軽にご相談ください。