右顎の関節の痛みがあり、のどの奥の右側が痛みます

Q. 右顎の関節の痛みがあり、今はくしゃみをしても痛いし、指2本ぐらいしか口を開けられない状態です。また、ごくりとつばを飲むと、のどの奥の右側が痛みます。どうしたらよいでしょうか?

A. この状態はクローズドロックといって、口が開かなくなってしまった状態です。下顎頭と関節円板の位置異常によるものです。口を開くために、下顎は少し前に動きます。下顎が前に動くのを関節円板が前につっかえていて口を開くことができない状態です。口を開くためには関節円板を元の位置に戻さなければなりません。

無理やり口を開けるような方法をとる病院もありますが、患者様は大変痛いです。当院では、患者様自身に開けてもらえるような、誘導する技術を持っています。

また、くしゃみをするときに痛いというのは、顎が動くからです。健康なときには何も感じませんが、口の開閉にはたくさんの筋肉が使われます。そして顎二腹筋、舌骨上筋群というのどの周りの筋肉も使うため、のどの痛みが出ることもあります。

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?当院では、患者様の立場に立って、安全かつ確実に、患者様のお役に立つ治療をご提供します。何でもお気軽にご相談ください。