顎関節症はどこの科に行ったらよいでしょうか?

Q. 耳が痛くなり耳鼻科へ言ったところ、顎関節症といわれました。どこの科に行ったらよいでしょうか?痛みも治まらず、つらいです。

A. まずは、歯科的アプローチから診断をさせていただき、原因を見つけることが先決だと思います。
当院に相談にいらっしゃるほとんどのケースは、かみ合わせが起因していることが多いです。
昨今、かみ合わせと顎関節症は関係ないという風潮がありますが、ドイツをはじめ、ヨーロッパではかみ合わせ治療による顎関節症治療が広く行われており、沢山の書物がだされています。
当院顧問の、稲葉繁先生は、顎関節症治療を学ぶためにドイツへ渡航し、チュービンゲン大学の顎関節症の権威、Prof.W.Schluteの元で学んで参りました。
当院の顎関節症治療は、顎関節症とかみ合わせの密接な関係を前提としております。

整骨院などで、一時は症状は緩和するかもしれませんが、根本的な原因がかみ合わせにあるとしたら、再発する可能性が高いです。

ずっと、顎の痛みを引きずるよりは、1度思い切って診断を受けていただくことをおすすめいたします。

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?当院では、患者様の立場に立って、安全かつ確実に、患者様のお役に立つ治療をご提供します。何でもお気軽にご相談ください。