顎が鳴る顎関節症を和らげる方法はありますか?

Q. 数年前から顎関節症で悩み、ストレスがたまると顎が鳴り、口を開けるとすごい音がします。顎関節症を和らげる方法はありますか?

A. 顎関節症の症状は3つのタイプに分けられます。

関節の音、痛み、運動障害です。

今回の質問は「関節の音」ということですね。

口を開けたり閉じたりするとき、関節円板というクッションが下顎頭と側頭骨の関節窩の間に介在します。

正常な場合、関節円板にのって口の開閉を行います。

関節に音がある場合は、何かが原因で関節円板から下顎頭が落ちたり乗ったりしている状態です。

今回、口を開けたときに音が鳴るということは、下顎頭が関節円板に乗るときの音だと思われます(open click)。

ほとんどの場合痛みも伴いますが、数年前ということなので慢性化すると痛みはありません。

しかし、このまま放置しておくと、いつも顎を開けるときにつかえたような状態のため不便である上、そのうち関節円板に下顎頭が乗らないクローズドロックという症状が発症し、治療がさらに長引きます。

口が指2本分ほどしか開かない状態が発症する可能性があります。

この原因としては、下顎頭を下げてしまう何らかの要素が噛み合わせにあることによります。

詳しい診断、治療が必要です。

自然に顎関節症の症状が和らぐことは難しいので、1度ご相談いただければと思います。

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?当院では、患者様の立場に立って、安全かつ確実に、患者様のお役に立つ治療をご提供します。何でもお気軽にご相談ください。