院長あいさつ

院長あいさつ
こんにちは。稲葉歯科医院、院長の稲葉由里子です。

稲葉歯科医院では『ドイツの治療技術』を取り入れ、顎関節症を専門としております。昨今、顎関節症と噛み合わせは関係がないという風潮がありますが、それは学問を諦めることだと思います。

原因が見つけられずに、様々な病院にかかった結果、『心の病』へ移行してしまうケースも少なくありません。私達は患者様が顎関節症から精神的な問題へ移行しないように、『歯科の全能力』を集めて、原因を探し治療を行いたいと思います。

また、診療項目の中に、『嚥下リハビリ外来』の内容を追加しました。その理由は「悪性新生物(がん)」「心疾患」に続く日本の3大死因が、脳血管疾患を上回った『肺炎』に入れ変わったことによります。肺炎による死亡数の増加は、高齢者の人口が増加したことによる影響が大きいと考えられます。高齢者は特に、飲み込む力(嚥下:えんげ)が衰え、誤嚥性肺炎を起こしやすくなっているからです。

しかしながら、高齢者の飲み込む力の低下による肺炎発症のケースは確実に増えてきているにも関わらず、高齢者の誤嚥性肺炎に対する対策はほとんどされていないのが現状です。

生きていく中の最大の喜びともいえる「口から食物を取り入れること」が難しくなるということは、ご本人だけでなく、そのご家族にとっても、一緒に食事をし、会話をする喜びを共有できないという悲しみのひとつとなってしまいます。

ほかにも、今までのホームページを整理して患者様にわかりやすく読んでいただけるようにしましたので、ご覧いただければ幸いです。

【経歴】
平成9年  日本歯科大学卒業 歯科医師免許習得
平成9年  日本歯科大学研修医
平成10年 東邦大学大橋病院 麻酔科で一年間研修医
平成11年 稲葉歯科医院開業 現在に至る
※ドイツやスイスで各種研修を受講

【所属】
日本審美歯科学会会員
ISOI国際インプラント学会会員
顎咬合学会認定医
IPSG総務
ドイツ商工会議所正会員
スイス商工会議所正会員
カナダ商工会議所正会員


お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?当院では、患者様の立場に立って、安全かつ確実に、患者様のお役に立つ治療をご提供します。何でもお気軽にご相談ください。