入れ歯治療について

入れ歯治療

インプラントに躊躇した経験はありませんか?
歯を失った際に行う治療の主流はインプラント、という傾向にありますが、高齢者の多くが、ほかに病気を持っている、歯周病である、骨粗しょう症で顎の骨がもろいなど、インプラント治療ができない場合があるのも事実です。

それらをすべて解決できるのが、ドイツで開発された「テレスコープシステム」です。

保険適用の入れ歯のデメリット
健康保険が使える部分入れ歯は、失われた歯の両側にある健康な歯にクラスプというバネをかけて、その弾力を利用して付けたり外したりするタイプです。保険が適用になるので利用されますが、食べ物を噛んだときにクラスプ(バネ)をかけた歯に圧力が加わるので、長期間使用するとその健康な歯までグラグラになってしまう可能性があります。

ドイツをはじめとする先進国では、このクラスプ式の入れ歯は一切使われていません。ドイツの授業ではすでに、日本の保険で使われている歯にかける金具(クラスプ)は大学の授業からも外されています。

硬い肉やパンを好む国民がどのような入れ歯を使っているのでしょうか?
実は、入れ歯先進国ドイツでは「テレスコープシステム」という方法で対応しています。ドイツではたくさんの種類のテレスコープシステムの中から、歯の欠損した部位に応じて患者様に合った方法を選択することができます。

テレスコープの入れ歯の歴史は100年以上あり、その間ずっと改良・進化し続けて現代に至っているため、非常に精密で歴史ある入れ歯として高い評価を得ています。

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?当院では、患者様の立場に立って、安全かつ確実に、患者様のお役に立つ治療をご提供します。何でもお気軽にご相談ください。