2017年9月 8日

口を開くと顎が右にずれます

Q.5年以上前から口を開くと、顎がガクガク痛みがあります。
口を開けると下顎が自分から見て右にズレています。いつも右耳に耳詰まりや圧迫感を感じるのですが、関係ありますか?
また、顎がポコっと飛び出るのも気になります。

A.口を開けるとき、まっすぐ開けることができるかどうか、どのくらいの量口が開くか、に加えて顎関節の位置を確認することが大切です。

口を開けるときの方向が左右に傾いているかは、顎関節の位置の診断のポイントとなります。

もしも、口を開けたときに右の方向に傾いて開いたとしたら、右側の顎関節の関節円板がとまっている状態です。

とまっているというのは、関節円板というクッションに乗らずに、動いていない状態です。
DSCago_9101.jpg

顎関節は、下顎骨にある下顎頭 と側頭骨にある下顎窩そして、関節結節で構成されています。
2つの骨の間には関節円板というクッションが介在していることで、スムーズに口を開くための役割を担っています。

関節円板は前方転位だけではなく、側方転位もします。
関節円板が内側方に落ちた時、顎関節はポコッと飛び出したようにみえます。

今回の場合、右側に傾いて開くということなので、左側の顎関節は正常に動き、右側に問題があると言えます。

よって、耳詰まりや圧迫感を感じることもしばしばあるため、まずはマニュピレーションにて関節円板を正常な位置に戻し、さらに噛み合わせの診断を行い原因を探す必要があるでしょう。

当院では無料相談も行なっておりますので、よろしければご連絡ください。

顎関節症の特設ページを開設しました。

詳しくはこちらをご覧ください!

顎関節症のことなら稲葉歯科医院

クローズドロックかどうか調べる方法について

Q.2週間前から口を開けると痛みがあります。
大きく開くと、途中痛みがあります。
顎関節症かもしれません。
歯医者のレントゲンでクローズドロックかどうかわかるのでしょうか?

A.顎は関節円板というクッションに乗って大きく開くことができます。

しかし、何らかの原因でクッションが転移してしまい、口を開くことができない状態をクローズドロックと言います。

ago teni-05.jpg


目安として、指2本分、2センチから2.5センチ程度の開きで、それ以上大きく開けようとすると痛みを伴うものです。

まずは、左右の顎関節のどちらがクローズドロックしているのかを探ります。
レントゲンではわかりません。

もちろん口を開いた時に痛みがある方だと思っていただければいいのですが、慢性的な場合、私たちも診断できない場合があります。

その時に有効なのが、レジリエンツテスト、プロボケーションテストです。

レジリエンツ(Resilienz)テストとは例えばと右側に4~5ミリ程度のボクシングメタル(アルミの箔)を小臼歯部で噛ませ、左側で噛んでいただきます。

DSCgo_0162.JPG

関節円板にのっているのであれば上下の歯は近づいてきて接触します。

もし、関節が落ちているのであれば上下の歯は開いたまま近づきません。
なぜなら、関節窩と下顎頭が関節円板を介していないため接触しているためです。

稲葉繁先生はこのテスト、ドイツ、チュービンゲン大学のシュルテ教授から教わった方法です。

慢性化しているクローズドロックの方で、どちらが落ちているのか判断するときに非常に有効です。

プロボケーションテスト(症状誘発テスト)はワッテや割り箸のようなものを片方の顎ずつ噛んでいただき、痛みの閾値を調べる検査です。

クローズドロックの状態になったばかりの初期の段階だと特に反応がでやすく、このテストも判断するのに有効です。


クローズドロックをマニュピレーションで開けるようになったとしても、根本的な原因を取り除かない限り、再発する可能性が高いです。

噛み合わせの診断を行うと、原因が解明する場合がほとんどです。

当院では、無料相談も行っておりますので、ご連絡いただければと思います。

顎関節症の特設ページを開設しました。
詳しくはこちらをご覧ください!

顎関節症のことなら稲葉歯科医院


お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?当院では、患者様の立場に立って、安全かつ確実に、患者様のお役に立つ治療をご提供します。何でもお気軽にご相談ください。