顎関節症の治療の流れ(実際の症例より)

 最近は、顎関節症と咬合は関係がないという風潮があります。

 顎関節症は触らない方が良い、咬合調整をしてはいけないと言われています。

 しかし、それは学問を止める事だと思います。

 インレーやクラウンなどの被せものや詰め物を、先生方は日常的に沢山歯を削っています。しかし、顎関節症だけ削ってはいけないと言うのはいかがなものかと思います。

 削ると言っても、ほとんどが修復物、そして天然歯においてはほんのわずかです。

 かみ合わせの診断を行えば、顎関節症の治療は非常に単純な事が多いです。

 今回の症例は、当院顧問、稲葉繁先生が代表を務めるIPSGスタディーグループでの模様を通じて、ご紹介させていただきたいと思います。

【患者様の症状】

・口が大きく開くことができません。開ける時にはくの字に開きます。顎がカクッとなり、ひどくなると開かなくなると聞いてビクビクしています。口を開く時、意識せずに開けた事が記憶にない感じです。

・犬歯が下の歯の形に削れています。
主人の話、母の話を総合すると、子供の時から歯ぎしりがひどいようです。
一度、歯科でリテイナーを作りましたが、メンテナンスできず放置です。

・顔以外の気になるところは、腰痛が徐々にひどくなり、2週に一度以上、マッサージを行っております。

・偏頭痛があったこともありますが、この2年ぐらいはない気がします。

との事でした。

レントゲン写真です。

 顎関節のレントゲン写真の診断の目安として、関節の変形がないかどうか、また関節円板(関節部のクッション)に乗って正常に動いているかどうか、下顎頭と側頭骨の間に隙間があるかどうかをチェックします。

 患者様はひとつも修復物がなく、また歯周病もなく、大変綺麗な歯列をされています。
矯正治療の経験もありません。

 顎関節症の原因として、インレーやクラウンなどの修復物、被せものや詰め物が関与することがありますが、それは今回のケースにおいて当てはまらないようです。

 クリック音の検査は、ドップラー聴診器を用います。

 浅側頭動脈の血流を目安にそこから6ミリ前方に顎関節があります。

 左右共に、かなり関節が傷ついた様な雑音が聞こえました。

 雑音は、関節円板が傷ついている時に鳴ります。


 上下の口が開く量は、28ミリ。

 クローズドロック、顎がロックされている状態だと20ミリ前後の開口量なので、ギリギリ関節円板(関節部のクッション)に乗っているという状態です。

 患者様はご自分で開口制限をされており、思いっきり開けるのが怖いそうです。



 下顎の右側の親知らずはレントゲンを見ても確認できるように、真横に生えています。

 その隣の大臼歯が斜めに傾いていることが原因かもしれないと予想する必要もあります。

 これは、フェイスボウトランスファーという、歯科治療の際、診断と治療の基本になる作業です。
 回転したり、左右前後に動いたり、顎関節の動きは非常に複雑です。

 顎関節症の患者様はこのレベルまでしっかり診断する必要があります。

 模型を、咬合器というかみ合わせの機械に付着し、調整を行います。

 顎がリラックスしている位置と、実際噛んでいる位置にズレがないかどうか調べます。

 この模型診断はとても重要で、たくさんのことがわかります。

 今回、患者様の顎関節症の原因は、右側の親知らずが手前の大臼歯を押していたため、かみ合わせの角度が変わり、その部位が原因となり、バランスが取れていない事がわかりました。

 KaVo ARCUS DIGMA2による、顎機能運動の計測、治療前の状態、治療後の状態を比較します。

 患者様の状態によっては、スプリント治療(マウスピース)を行う場合もあります。

 関節円板が落ちている患者様に犬歯誘導型(前歯でバランスをとる)スプリントを製作すると、痛みを発症するため注意が必要です。

 スプリントは1ミリのプレートにレジンを一層盛り上げ、たわまないようにし、全体でかみ合うように調整します。

 そして、治療に入ります。

 ここで、28ミリの開口量だと咬合調整が難しいため、マニュピュレーション(患者様の筋肉の力を利用、誘導して顎を開く技術)を行いました。

関節円板に下頭をより密着させ、痛みなく開口できるようになりました。

 この時点で、28ミリから、46ミリまで、約2センチ開く事ができるようになりました。

 途中から患者様が、

「音が消えました!」

 とおっしゃっていました。(正確には少し雑音が残っていましたが、患者様の感覚はだいぶ違うようです。)

 咬合器で診断した場所と同じ部位を調整。

 歯に溝を切る、窩を少し深くすることで、関節円板を密着させました。

 明らかに治療前、後のデータが変わりました。

 術前、術後の開閉口では、約2センチほどの差ががあります。

 開閉運動において、顎の動きが全く変わりました。

 スムーズに関節結節を乗り越えている事がわかりますね。

 最後に。

 「開閉は非常にスムーズです。私が感じていた、顎の音が取れて、正直びっくりしています。
 雑音が少し残ってはいますが、私が今迄悩んでいた物とは全く違います。
 意識せず、口を開くことができたのは、記憶にないぐらい遠い昔です。
 気になっていた首の後ろ側の凝った感じもなぜか気になりません。
 顎の周り、首周りが温かい感覚があります。本当にありがとうございました。」

 と嬉しい感想をいただきました。

 治療後、一緒にお弁当を頂きました。

 わずかな咬合調整により、患者様の感覚は大きく変わり、顎の周りの筋肉の緊張が取れ、 沢山嬉しい感想をいただきました。

 このように、ほんのわずかなかみ合わせのズレに気付く事ができるのは、私達、歯科関係者です。

 生活習慣や、姿勢を気をつけていても、原因を取り除かなければ治らないものは治りません。

 このわずかな、かみ合わせのズレに気付くために、私達は何百時間、何千時間もの勉強を積み重ねているのですから、もっとその重要性に気付くべきだと思います。

 稲葉歯科医院では、しばらく顎関節症のご相談をお休みしていましたが、今後は積極的に取り組んで参りたいと思います。


顎関節症の症例

2017年4月15.16日(土・日)『顎関節症ライブ実習コース』が開催されたのでご報告させていただきたいと思います。
「顎関節症ライブ実習コース」では、実際に顎関節症で困っていらっしゃる患者様をお呼びし、問診から治療まで、すべて先生方の目の前で治療までデモンストレーションするというセミナーです。

▼顎関節症の症状の特徴
・口を開けるときに耳の関節あたりがカクンと鳴る。
・前よりも口が開かなくなった。
・口を大きく開ける時に顎が痛い。
このような症状があった場合、患者様はどこの科を受診されるのでしょうか?

耳鼻科、接骨院、整骨院、耳鳴りを伴い脳外科を受診される方も少なくありません。

昨今、顎関節症と噛み合わせは関係がないという傾向がありますが、稲葉先生は50年の臨床の中で、噛み合わせからのアプローチで顎関節症を治してまいりました。

IPSG 認定歯科医院では顎関節症で困っている方の負担が最小限に留めることができるように培ってきた知識と技術を提供していきたいと思います。

顎関節症の3大症状は、顎の痛み、音、口が開きにくい、と言われています。
ご自身でチェックする方法として、下顎の前歯の真ん中にデンタルフロスを挟み、どちらに動くのか方向を見てください。動きが左右どちらかに偏って開く、もしくはS字状にカーブを描いて開くとしたら、顎関節症の可能性が高いと言えます。

原因が見つけられずに、様々な病院にかかった結果、心の病へ移行してしまうケースも少なくありません。

私達は患者様が顎関節症から精神的な問題へ移行しないように、歯科の全能力を集めて、原因を探し治療を行います。

稲葉繁先生が「顎関節症」の世界に出会ったのは、ドイツ・チュービンゲン大学のヴィリー・シュルテ教授との出会いでした。客員教授として迎えられた間、徹底的に学びました。

IPSG認定歯科医院では、顎関節症の治療に関しても専門としておりますので、どうぞご相談いただきたいと思います。

<<患者様の声>>

二日間の顎関節症学会。
顎関節の炎症に数年悩み、お声掛け頂いて、この度患者として治して頂きました。
開口3.5→4.0開き、また真っ直ぐに、痛みも伴わず、楽に開口出来たときは、感動のあまり。

肩こり、左顎痛&腫れ、偏頭痛も噛み合わせからくるものに起因していることが分かり、咬合について、学びの良い機会になりました。
その後のお食事でさらに実感してます♪

全国からいらっしゃった歯科医師や歯科技工士の皆さま、二日間お疲れさまでした。

温かくお迎え頂き、感謝でいっぱいです☆
顎関節でお悩みの方は是非お勧めします。顎が外れた時の治し方も教わりました。
精巧なデータから、治療後の結果を見た時驚きでした。
今日も顎もとっても快適です。硬いものを食べてみますね!
数年食べてないので楽しみです。

総義歯で顎関節症の患者様の症例

 こんにちは。

 稲葉歯科医院院長、稲葉由里子です。

 当院に相談にいらっしゃる患者様の顎を触ってみると、多くの方が顎関節に問題があるように見受けられます。

 顎関節症は顎付近の痛みを訴えたり、口が開かない、顎が大きく開けないといったもので、従来20代・30代の若い年齢の方に多い症状とされてきましたが、最近、50代・60代の顎関節症が急増しています。

 50代・60代の方の顎関節症の原因はほとんどが、入れ歯による噛み合わせやバランスが合っていないことに起因していると思われます。

 当院顧問の稲葉繁先生が代表を務める、IPSGスタディーグループの「総義歯ライブ実習コース」の模様をお伝えしたいと思います。

 このコースは 3日間で、患者様の初診からセットまでライブで先生方に学んでいただくコースです。

 今回の患者様は2か月ほど前、稲葉歯科医院に相談に見えた方で、

「顎関節症で総義歯」でインターネットで検索して、探したそうです。

 いろんなところで入れ歯を作ったけれどもうまくいかず、本当に困っていらっしゃいました。
 「総入れ歯専門の歯科医院にお願いしたのですが、顎関節症があると伝えると、顎関節症を治してからでないと作る事ができないと言われ、作っていただけなかったんです。」と患者様はおっしゃいました。

 このライブ実習のために2か月待っていただけないかとお願いしたのですが、待ちきれず、他の歯科医院でまた総義歯を作りました。
 やはり、その総義歯もうまくいかず、今回の実習コースで製作するということになりました。
 現在は、食事の時だけ義歯をはめて他はいつも外していて常にマスクをされています。

 従来の総入れ歯の型とりは、上下の型を別々にとっていましたが稲葉先生の上下顎同時印象は上下を一塊として型を採り、咬合器というかみ合わせの機械で二つに割ります。
 シンプルで完成されたシステムを学びに全国から先生が集まります。

 スタディーモデル、患者様のお口の中の状態です。

 これが、上下顎同時印象用SIトレーです。バイトとゴシックアーチとフェイスボートランスファー、そして印象までとれるという 素晴らしいトレーです。

 患者様の顎の動きを描記します。
 ここで、わかったのですが、患者様の顎の動きは正常でした。

 ゴシックアーチの後、いよいよ、上下顎同時印象です。ガンタイプのシリコン印象材を注入し、口腔内すべての情報をとります。
 このシステムは、嚥下(飲み込み)をすることができます。
 嚥下により、患者様が食事をして飲み込む状態の印象がとれるということです。

 フェイスボートランスファーです。
 顎関節から、口元の状態まで記録することができる機械です。


 咬合器に再現し、顎の位置の確認を行います。


 上下顎同時印象による、模型です。


 以前の入れ歯と比較しても、こんなに大きさが違うのがわかります。


 技工はIPSG技工インストラクターの、岡部宏昭先生です。
 岡部先生は、Dr.Schleichの総義歯コースのインストラクター、その腕は世界一といってもいいと思います。
 稲葉先生と岡部先生のコラボは最強でした☆
 稲葉先生の総義歯は人工歯が誘導し顎関節を守るというコンセプトです。
 総義歯で、顎関節症という患者様は実はとても多いのです。
 長い間、合わない入れ歯を使っていると、顎が動く関節円板というクッションに穴があいてしまい、顎が動く度にとても痛みを感じる方がいらっしゃいます。
 入れ歯により、顎関節部に隙間をあけ、関節が痛みなく自由に動かすことができるようになります。

 患者様への試適です。

 試適はすべて配列した状態で、表情、発音、発音のチェックをします。
 娘さんが一緒にいらしていただいたので、表情をみていただきました。

 「歯があったころの母の顔です。」

 とうれしそうにおっしゃっていただきました。
 口角も上がり、しわもなくなり若々しくなりました。
 この時点で、家族の方にみていただくのはとても大切なことです。
 家族の方がヘンだと言われることが、実は一番の問題となります。

 試適の段階で、すごい吸着でした。ワックスの状態ですが、代表して触っていただきましたが、本当にびっくりされていました!!(@_@)
 上顎はまだポストダムを掘っていないのでそこまでの吸着はありませんでしたが、完成した時点で今回参加いただいた先生方すべてに確かめてもらいます。
 それにしても、稲葉先生の自信はすごいと思いました。
 何も迷いのない臨床にみんなシビれてしまいました(*^^)v

 さて、重合はイボカップシステムです。

 この写真はイボカップシステムから取り出したところ。
 ホヤホヤです。

 フラスコでグツグツと煮る方法とは、まったく違います。
 従来の総義歯の重合法は、グツグツ煮る方法では、重合収縮の補正ができません。
 レジンは熱をかけると重合収縮します。
 収縮した分、変形や気泡ができてしまいます。透明感もありません。
 そのため、長く使っていると、その気泡の中に汚れがつき、臭いも入りやすくなります。
 細かい気泡は義歯を破折させる原因ともなります。

 イボカップシステムでは重合収縮を常にレジンを6気圧で押し込んで重合するため、気泡が入りません。
 そのため、薄くても固く、変形もしません。
 透明感もあります。

岡部先生の技工作業、鮮やかです。
そして、完成した義歯がこちらです!!

 イボカップシステムの重合でこんなに透けるほど口蓋が薄いです。

 人工歯はIVOCLAR のビボデント、オーソシット、天然歯のような高い審美性と硬さを兼ね備えています。

素晴らしいですね☆♪


 患者様へのセットはみんなが注目です。

 試適の時、すでに吸着していた義歯は、本当にピッタリでした。
 セット後、すべての先生にその吸着を確かめていただきました。

そして、セット後、患者様と一緒にお弁当を食べました。

 稲葉先生は食べにくい物をたくさんすすめていましたが、おしんこ、こんにゃく、肉を前歯でしっかり噛み切っていました。

 お嬢様には
 「お母さん、目が大きくなった」
 とおっしゃっていただき、笑顔もとても素敵でした。

 びっくりしたのは、お弁当、わりと量があったのですが、すべて召し上がっていただきました☆♪

 入れ歯になってからお肉を前歯で噛み切るということができなかったそうですが、これからはなんでも美味しく召し上がっていただけると思います。
 とても喜んでいただき、今回受講した先生方も一緒に喜んでいただけました!!

 そして、今回、顎関節症ということで、来院されましたが、痛みがあるのは顎のまわりの筋肉の部分で、今まで合っていない義歯を入れていたために口の周りの筋に負担がかかっていたと思われます。
 口も大きく開けられますし、診断時のドップラーでもクリック音や雑音のようなものは聞き取れませんでした。

 この新しい総入れ歯を入れていただくことで、痛みも消えていくと思います☆♪


 今回のセミナー、とても充実して素晴らしい結果でしたが、先生方からもこんな感想を いただきました!!

 ご参加いただき、本当にありがとうございました☆

☆彡:・;.*:・。゜゜・:゜*:。゜.*。゜.o。・。゜。o.゜。・*。・゜.。☆彡

◆インプラントをすてて正しかったと思いました。すばらしい総義歯です。

◆ 大学では勉強できなかった知識・技術が非常に多く学べました。今までの義歯の臨床は多くが間違っていたことに驚きました。今後も、是非、稲葉教授の勉強会に参加させていただきたいです。

◆まず最初に驚いたのは予備印象のあまりの精密さでした。辺縁がとてもきれいにとれていました。そして上下顎同時印象。これは何もかもが私にとっては新しいもので、言葉がなかなかでてきませんでした。普段見れないラボワークをみれたことと質問一つ一つに手稲にに答えてもらってとてもわかりやすく楽しかったです。様々な勉強が一度にできてとてもよかったです。できれば一年に一度だけでなく、もう少し回数を増やしてほしいです。

◆大学で習ったものとは随分違うのに驚きました。チェアーサイドだけでなくラボサイドも見学できたのでよかったです。実際に患者様を触らせていただいて、下顎の吸着もそうですが、無理なくフルバランスで側方運動できるのに感動しました。補綴は解剖学なんだなと思いました。

◆初めて総義歯のセミナーに参加しました。内容の濃い充実したセミナーでした。今後総義歯にも積極的に取り組んでいきたいと思います。

◆全てに基準があるので、稲葉先生がやっても私がやっても同じ結果を生み出すことは難しいけど、明日からの日常臨床で基準に従えば今日勉強した事が生かせるのですごいです。(例えば印象時のトレーの傾き、マウントの仕方、排列など、学生の頃は何となく並べてきれいならよいとか明確な基準がありませんでした。)

◆今の歯科治療に対して今回勉強会に参加したことで、今までの治療ではダメだという事がわかりました。義歯の調整はまず咬合から。一番最初が大切なので、自分の印象をもっと努力していこうと思います。歯科衛生士として何ができるかもっと勉強していきたいです。

◆何度かセミナーを受講していますが、実際に見ると聞くとでは全然違いました。知識も大切ですが、一気に理解が深まったように感じます。これを機に、実践で取り組みたいと思います。

◆稲葉先生の総義歯には数多くの咬合理論が含まれていて今後学んでいく上でとても大切であると思いました。もちろん出来上がった義歯は最高でした。多くを学ばせていただきありがとうございました。

◆上下顎同時印象のすばらしさに感動しました。フルバランスの咬合を患者さんの口の中を触らせてもらって体感できて、すごく安定しているのがわかりました。

◆DVDで見るだけでは不明な点もよくわかりました。

◆上下顎の吸着のすごさにびっくりしました。感動しました。ぜひトライしてみたいです。今日はありがとうございます。

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?当院では、患者様の立場に立って、安全かつ確実に、患者様のお役に立つ治療をご提供します。何でもお気軽にご相談ください。