パフォーマンスロジック~診療姿勢~

患者様がリラックスできる診療姿勢パフォーマンスロジック
昔は座った姿勢で診療が行われ、歯科医師が覗き込むような体制をとっていました。パフォーマンスロジックでは、水平診療(患者様が寝ている状態)のスタイルをとっています。

寝ている状態は、座った状態よりも体全体がサポートされているので、リラックスできます。また、患者様の頭の位置で秩序ある姿勢で診療するため、患者様は安心感を得ることができます。

大きな音や話し声にも配慮します
患者様に不安を抱かせる、あるいは緊張させる要素として、音の大きさや歯科医師が患者様に向かって話す声の調子、使う言葉などが挙げられます。私たちは患者様の立場にたち、できるだけ不安を感じさせることがないように気を配っております。

患者様に不安を抱かせない診療姿勢
歯科医師の診療姿勢が正しければ、医師が患者様に対してかける圧力を最低限にすることができます。つまり、不必要に患者様を押したり、唇を大きく引っ張ったりして治療をするというようなことが最低限で済みます。

歯科医師が一定した姿勢、正しい姿勢を持っている場合には、動きの順序は非常にはっきりしてきます。秩序ある診療姿勢は、動きが自然になります

歯科医師が秩序立って自然な動きをしている場合には、患者様も「この先生は、自信を持ってやっているな」ということが、感覚としてすぐとらえることができるので、リラックスし、その歯科医師の治療を信頼することができます。

『痛くない治療』もパフォーマンスロジックで実現します
パフォーマンスロジックは、患者様の信頼を得るためにも必要な技術です。歯科医師が常に頭のところで動き回っていたら、患者様も落ち着かないでしょう。

『痛くない治療』も、患者様が安心できる姿勢で行われます。麻酔に関しても細心の注意を払い、なるべく痛くないようなテクニックをパフォーマンスロジックで学んでいます。

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?当院では、患者様の立場に立って、安全かつ確実に、患者様のお役に立つ治療をご提供します。何でもお気軽にご相談ください。