顎関節症の原因とは?

【1】噛み合わせの不調和顎関節症の原因とは?
口を閉じたときは、上下のすべての歯が平均して噛み合っていることが重要です。もし左右の噛み合わせがずれていると、顎の関節に無理がかかります。また、口を閉じたときに前歯の上下の歯が噛み合わずに隙間が空いていると、奥歯に無理がかかって顎関節症になります。

【2】最近、親知らずが生えてきて歯並びを乱している
顎を前に動かしたり横に動かしたりという顎の運動を、親知らずが邪魔している場合に顎関節症になりやすいとされています。

【3】最近、歯科治療を行い、歯に詰め物や被せ物をした
治療は終了したけれど、詰め物をした歯や被せ物をした歯がどうも噛みにくい、今までと違うなどの症状がある場合も顎関節症の疑いがあります。

【4】歯並びを治す矯正治療を行った
歯並びが悪くて矯正を行ったあと、口が開きにくかったり音がしたりする場合も、顎関節症の疑いがあります

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?当院では、患者様の立場に立って、安全かつ確実に、患者様のお役に立つ治療をご提供します。何でもお気軽にご相談ください。