飲み込む力の低下を改善

ラビリントレーナー若い人の発音の悪さが目立つ時代であると同時に、高齢者の方は嚥下機能の低下が深刻な問題となっています。

2010年の統計によれば、総死亡数の半分以上が日本の3大死因と呼ばれる「悪性新生物」(がん)「心疾患」「脳血管疾患」で占められていました。しかし、2011年の1~11月末までの概算値の累計によると、それまで4番目だった肺炎による死亡数が脳血管疾患と入れ替わり、3大死因のひとつになりました。

これは高齢者の人口が増え、誤嚥性肺炎が増加したことが影響していると考えられます。誤嚥性肺炎とは、飲み込む力が衰えた高齢者にみられる疾患であり、嚥下(飲み込む力)機能の低下によって引き起こされる肺炎のことです。

現在、高齢者の誤嚥性肺炎に対する対策はほとんどされていません。今後、超高齢社会を迎えるにあたって、肺炎による死因のリスクはさらに高まると考えられます。当院では高齢者の飲み込み訓練をとおして、誤嚥性肺炎のリスクを少しでも抑えることができればと考えています。

当院の飲み込み訓練ラビリントレーナー
当院ではおもに「ラビリントレーナー」による口腔機能訓練を行っています。「ラビリントレーナー」とは、当院の顧問である稲葉繁先生が開発した口腔機能訓練機器です。

「ラビリントレーナー」を使用することにより舌圧、口輪筋の筋力が向上し、嚥下機能が改善されます。また、しっかり飲み込めるようになることで、消化吸収から排泄までの流れもスムーズになります。さらに、お口を閉じられるようになるため、鼻呼吸もできるようになります。

そのほかにも嚥下体操や嚥下食などを活用し、しっかり飲み込める体づくりのお手伝いをいたします。

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?当院では、患者様の立場に立って、安全かつ確実に、患者様のお役に立つ治療をご提供します。何でもお気軽にご相談ください。